画一的な宣伝方法が多い風俗求人広告

風俗と言うと、どうしても心配になってくることが多い業種である。働く側にとっても短時間で高額が稼げる仕事であることは薄々聞いたことがあってもどうしても足を踏み入れない領域であるのは間違いないだろう。

特に色々な求人広告をみても、風俗求人で多いのが「日額払い」「高額保障」「質の高いお客様だから安心」といった広告で埋められている。

ただ、ネット等で調べていくと「本番を強要された」とか、「色々な手数料を引かれて結局はほとんど残らなかった」等、求人時の甘い言葉とは裏腹に厳しい現実が見えてくるのも確か。

お店を変わる際でもためらいはない

色々なお店を渡り歩いてきた人にとっては、店構え・業界内の噂・客の話など、様々な予備知識があるため、お店を変わる際でもためらいはないだろう。

風俗求人を広告を利用する店にとっては、その様ないわば「すれた」風俗嬢を採用するのではなく、「すれる」前の女性を確保し、お客の評判を得ることで客足を増やしたいために広告を出している側面もあるだろう。

そうであるなら、面接場所がお店である必要も最終的には必要となってくるだろうが、もっと気軽に写真であったり待機場所であったり、リアルな給与明細であったり、見られるところがあれば良いのではないか?。

「あなたの気持ちに寄り添って」

と考える。どの様な不安を抱えているかが最初の面接時にお店の側も分かるであろうから、上記で明記したような他店の広告でも見られるような画一的な方法で求人を掛けるのではなく、もっと「あなたの気持ちに寄り添って」みたいな内容の方が良いのではないか?。

と常々思っている。